美容室で人気のメニュー・ヘアカラーの種類を知る

ヘアカラーが人気

美容室ではカットやパーマなど様々な美容が提供されていますが、ヘアカラーも人気のメニューです。
日本人は基本的に黒髪で、黒髪の美しさを大切にしている人も多くなっていますが、重さを感じることもあり、より軽やかなカラーに染める人、個性を出すために変わったカラーを選ぶ人も多くなっています。
カラーリングにも様々な種類がありますので、その特徴も知っておきましょう。
永久染毛剤とも呼ばれるアルカリ性カラーは黒髪を染める際にも白髪を染めるのにも向いています。
様々な色合いを楽しむことができ、白髪を染めながら黒髪を明るくできるのもメリットです。
髪色をかなり明るくしたいのであればブリーチ剤の利用も考えてみましょう。
ブリーチ剤は脱色剤とも呼ばれており黒髪の色を抜くのに向いています。
アルカリ性カラーでは出せない明るいカラーにしたいときに向いていますが、髪へのダメージも大きいということは理解しておきましょう。

髪へのダメージが少ない染料

ヘアカラーでは髪へのダメージが気になるところですが、できるだけ髪を傷めないのであればヘアマニキュアにも注目してみましょう。
ヘアマニキュアは髪の内部まで染めるのではなく、表面部分をコーティングしているので髪や頭皮に負担が少ないのが特徴的です。
白髪やブリーチした髪では色味をしっかり出すことができますが、黒髪ではあまり変化がないということは理解しておきましょう。
アルカリ性カラーに対して酸性カラーとも呼ばれています。
色持ちはあまり良くなく洗髪の際に少しずつ落ちていき、効果は2~4週間程度と言われています。
髪へのダメージが少ない染料としてはヘナも注目されています。
植物が成分となっていますので髪や頭皮にダメージが少ないのがメリットです。
脱色の効果はなく、明るいカラーにするのには向いていません。
そしてヘナ100パーセントの場合は髪が染まるのに時間が掛かる傾向にあります。
お店によっては時間短縮のために100パーセントではないヘナが使われていることもありますので施術の際にはよく確認しておきましょう。

南小岩で評判が良い美容室

カラーを長持ちさせるには

美容室では丁寧にムラなく染めてもらうことができますが、セルフで行うヘアカラーよりは費用は多く発生します。
それゆえ、少しでも長く持たせたいと考える人も多いのではないでしょうか。
まず洗浄力の強いシャンプーは色落ち原因となりますのでカラーヘア用のシャンプーやトリートメントを使うことがおすすめです。
髪を健康に保つことも大事ですので、乾かす際も洗い流さないタイプのトリートメントを使い、ドライヤーでしっかりと乾かしておきましょう。

SNSでもご購読できます。